子育て女性にきく「就業と管理職」に関するアンケート調査結果

子育て女性にきく、「就業と管理職」に関するアンケート調査結果

≪回答期間≫ 令和3年11月15日~12月6日  ≪有効回答数≫  201名

 

子育て女性向けイベント・メディアのママハピやウーマンエンパワープロジェクトを運営する(株)ルバートでは、20~40代を中心とする子育て中の女性たちに就業と管理職に関する意識調査を実施しました。お子さんの年齢は0歳、1歳が半数以上、就業状況はフルタイム勤務者が最も多く(33.7%)、次いで専業主婦(33.2%)、時短勤務(13.6%)でした。

このうち管理職(課長職以上)を打診してなりたいと回答した人が26%にとどまり、50%がなりたくないと回答。24%はどちらともいえない・わからないと回答しました。

 

管理職を打診されてもなりたくない、と回答した子育て女性のうち、理由としては

1位 家事育児と両立できなそう 34.3%

2位 自分に向いていると思えない 19%

3位 力量・スキルに自信がない 18.7% でした。

家事やケア業務が女性に偏っていることにより、今の状況では管理職が引き受けられないと考えていることが大きな障壁になっていることが、データや補足コメントから読み取れました。現状の職場の管理職の働き方が残業前提であったり、責任が増えても収入があまり上がらないことを理由に挙げている人も見受けられ、時間制約のある人材が働きやすい管理職の業務改善や仕組づくり・評価と待遇が改善されることで、目指してもよいと考える人が増える可能性があり、企業側も女性を管理職として育成するうえで大きなポイントだと思われます。

 

上司に求めることは、

1位 楽しい雰囲気をつくってほしい 16.5% 

2位 何かあったら助けたり守ってほしい 16.2%

3位 方針・方向性を明示してほしい 14.5% となっており、職場の雰囲気がよく、何かあったら助けたり守ってもらえることと方向性を明確に示してくれることを期待しているという結果でした。この調査からは男女の差を抽出することはできませんが、女性育成の必要要素になるのだと思われます。

 

理想の上司像は男性1位 新庄剛志、女性1位 天海祐希でした。最近のメディア露出の影響もあると思いますが、上記の上司に求める要素を感じてる人が多いようです。

希望職種は多い順に、事務・オフィスワークが40.7%、医療・介護・福祉が19.1% でした。

スキルアップしたい分野は1位 ワード、エクセル、パワーポイントなどOfficeスキル13.4%、2位 カメラ・写真 9%、3位 動画制作や編集 7.9% でした。

 

 

▼詳細はデータはこちら

子育て女性にきく、「就業と管理職」に関するアンケート調査結果2021

 

今後、WEA正会員AおよびBの企業様にはこういった子育て女性向けアンケート結果や

オンラインイベントでのホンネデータなどをご提供してまいります。

社内の人事戦略、ダイバーシティ施策、などにお役立てください。