なぜあえて「女性」支援なのか?(この取り組みの趣旨)

いつもウーマンエンパワー賛同企業の取り組みにご協力してくださっている
皆様はありがとうございます。

 

このお取り組みの前提は、まだ日本はあえて

「女性」にフォーカスして支援をする段階だというものです。

そして、女性活躍を進めることは、「全ての人の問題であり、

全ての人が働きやすくなることに繋がる」

と考えています。

 

近年の企業内部告発や政治家のセクハラニュース等をみても、

改めて当たり前に女性が尊重され活躍する社会には遠いのではないでしょうか。

世界経済フォーラムが公表した「ジェンダー・ギャップ指数2018」

(経済、教育、政治、保健の4つの分野のデータから作成)でも

日本の順位は、149か国中110位(2017年は144か国中114位)となっており、

女性はチームに参加していても決定権をもつことが少ないままです。

 

「家事育児は女性がやるべきものなどの役割文化も根強い」といわれているほか、

女性活躍や働き方改革、という言葉は聞くようになっていても、

やらされ感や小手先だけの施策が増えているとの指摘もあります。

この活動や取材を通じても、日本は一部の企業を除いては、

実態としてまだまだ模索中という状況を感じるなかで、努力している企業と

もっと流れを盛り上げていけないかと活動しています。

 

中小・零細企業は、「進めてたくても出来ない」

という予算や人材不足の壁も大きいです。

そのため、このお取り組みでは

法人が活用を進めやすいような補助金等の提言もしています。

もちろん、女性を特別扱いや過保護にして欲しいということでは一切なく、

ダイバーシティや働き方改革の前に、

非常に日本が女性活躍という観点では大変遅れているからこそ、

今はまだあえて女性にフォーカスする、という取り組みとなっています。

 

こういった趣旨にご賛同いただき、

一部のキャリアを積んだ女性だけが乗り越えられるのではなく、

誰もがストレスなくしなやかに変化し続けられる社会、

女性が当たり前に尊重され経済に貢献する日本社会に寄与したいと考えております。

 

引き続き、「ウーマンエンパワー賛同企業」にご理解ご協力のほど

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ウーマンエンパワー賛同企業 事務局

 

2018/04/23